ブランデーをおしゃれに楽しむおすすめの方法を教えます

お酒が好きな方でも、あまり飲む機会がないブランデー。ブランデーについての解説、おいしく味わうためのポイントなどを紹介していきます。ブランデーとは、白ブドウやリンゴなどの果物を発酵・蒸留させたお酒のことです。またブランデーに似たお酒にはウイスキーがありますが、ウイスキーは大麦やライ麦といった穀物を糖化、発酵、蒸留させたお酒のことを言います。ブランデーでも使用する果物の種類によってコニャック、カルヴァドスといったように呼び方も異なります。また、ワインを蒸留して、熟成させたものもブランデーになり、ビールを熟成させて蒸留したものがウイスキーとなるのです。製造過程で蒸留することにより、ワインやビールよりも度数は上がるので、きつめで辛口のお酒が飲みたい方にはおすすめです。

初心者でも飲みやすいブランデーとは

ブランデーを初めて購入する時には、どれにしたらいいか迷うこともありますが、可能であれば質のいいブランデーを選ぶことをおすすめします。質のいいブランデーは価格も高いですが、その分おいしく飲めるからです。ブランデーで安値のものというのは、不味いものが多いです。最初に飲んだものがおいしくないともう一生飲みたくない気持ちになってしまうので、最初こそおいしいブランデーを飲みましょう。ブランデーの種類の中でも初心者におすすめなのはコニャックです。コニャックは、フランス南西部が産地のブドウを原料としたブランデーになります。基本的な味わいで飲みやすく、初めて飲む方でも挑戦しやすいお酒になっています。ブランデーを選ぶ時には、熟成年数を確認することも大切です。熟成年数が長いほど、まろやかで味わい深いブランデーになります。

ブランデーをおしゃれに飲むためのポイント

ブランデーは、渋いイメージがあるので、年配の方が飲むお酒と思っている方も多いですが、若い世代にも飲むことができるよう、おしゃれな飲み方もあります。ブランデーに合うおすすめのおつまみはチョコレートです。特にビターチョコレートの苦みはブランデーの味をまろやかにより飲みやすくしてくれます。他にはチーズや生ハム、ナッツ類も合います。飲み方としては、ストレートで飲むのが、ブランデーの味や香りをダイレクトに楽しめるのでいいのですが、初心者の方には割って飲む方がいいでしょう。水割りは、なるべく冷えてない水を使用したほうがブランデーの味わいが消えないです。中でもおしゃれな飲み方はオンザロックです。氷を入れるので、ブランデーが薄まってしまいそうですが、氷が溶けないうちはブランデー本来の味を味わえます。また、グラスを揺らすとカランコロンとグラスと氷のぶつかり合う音も楽しむことができます。